リボ払いと上手く付き合う、それが上手な借入れのコツです。

カードローンやキャッシングを利用して、ちょっとしたお金のピンチを賢く乗り切る。

上手に使えばとても便利な存在です。

そんなカードローンやキャッシングの特徴の一つと言えるのがリボ払いです。

これは利息と元金を合わせて一定の額ずつにして返済する方法です。

例えば毎月の返済額が1万円と決まっていて利息が千円だとすると、この1万円は元金の9千円と利息の千円を合わせたものとなります。

返済を続けて元金が減っていけば、同じ1万円でもその中に含まれる元金と利息のバランスは変わっていきます。

リボ払いのメリットは毎月の返済額が一定なので負担に感じにくいことです。

借入額を気にせす、毎月決まった額だけを用意しておけばいつかは返済が終わります。

ただ、もちろんデメリットもあります。

それは前倒しで返済をせずにいると、思ったよりも返済が長引き結果として多くの利息を払うことになりかねないと言うことです。

ですのでリボ払いを上手く使うコツとしては、毎月定額で無理のない返済をしながらある程度お金の余裕が出来たタイミングで一気に返済してしまう。

これになると思います。

また今説明したのは通常のリボ払いですが、会社によっては元金スライド式のリボ払いを採用している場合もあります。

これは、借入れ残高によって段階的に返済額が変わっていく方式です。

借入額が多い時は返済額も多め、逆に減ってくると少なくなっていく。

完全に定額の場合、借入額が多くなると利息ばかりを払ってしまうことになり、元金が中々減りませんが、この方式なら安心です。

キャッシングやカードローンと上手く付き合うには、リボ払いを使いこなすことが重要です。

ご自身の契約内容を一度確認して、上手なおつきあいをしてください