めっちゃ急ぎのキャッシぐの極意とは

・急いでいる、そんな時に
社会人になると、どうしてもいますぐお金が必要というときがあります。そんなときはカードローンを利用しましょう。
今は即日融資をうたっている会社がたくさんあります。
ですが、どうしても即日に借り入れしたい場合は、いくつか気をつけていただきたいことがありますので、今回はそれについて書いてみようと思います。

・即日借り入れに必要な書類をしっかり揃える
一昔前までは提出書類にうるさかったのが金融機関でした。身分証明書はもちろんのこと収入証明も必要になります。それは今でも変わらないのですが、進化したのはカメラ撮影でOKになったと言う点です。
カメラで撮影して添付しておくるだけですので、即時性が可能になります。
そして即日融資に必要なのは、しっかりと書類をそろえることです。身分証明書はもちろん、できれば収入証明もしっかり持っておきましょう。
収入証明はすぐには入手できないかもしれませんが、なくても融資が受けられる場合があります。金額は少ないですが、最高で100万円程度でしたら収入証明がなくても可能です。

・即日融資をしてもらうために、時期を選ぶ
金融機関には繁忙期があります。たとえば連休シーズンなどの5月や8月は非常に忙しくなります。連休でレジャーにお金を使う人が増えて、その分借り入れしようと考える人が増えるからです。ですので即日融資を申し込もうにも、その時期に当たってしまうと、会社が非常に忙しくて審査が間に合わないときがあります。通常は即日融資ができる場合でも、2日かかってしまうことなどもありえます。
また、繁忙期は審査も厳しくなりがちです。ですので借りれるものが借りれなくなってしまうなどのことが起こり得ますので、くれぐれも注意してください。繁忙期を避けて借り入れするといいでしょう。ちなみに閑散期はボーナス月である6月12月です。その時期に申し込めば即日融資ができる可能性が高くなるでしょう。

・消費者金融や銀行系カードローンがおススメ
消費者金融や銀行系カードローンでは、即日融資をうたっています。ですのでスマホ等で申し込めば外出先からでも24時間以内に融資を受けることができるのです。これは以前は書類を郵送する時間と手間があったことを考えると格段に進歩です。ぜひ利用しましょう。
ちなみに審査は、銀行系カードローンはグループ会社の保証会社に審査を依頼していますので、審査のスピードは銀行系カードローンより消費者金融のほうが早いかもしれません。

・急ぎのときのためにカードを作っておこう
たとえばクレジットカードにもキャッシングの機能はついていますので、緊急時にはそれでしのぐことも可能です。事前に準備しておくことが大切です。ただしクレジットカードのキャッシングは上限が少なく最大で50万円程度のものが多いですので気をつけてください。それよりも大きな額を使いたい場合は、やはり事前に銀行系カードローンを作っておくことをおススメします。

・即日審査のポイント
即日振込みのポイントは、やはり書類を確実に準備して、すばやく申し込むことです。そして時期も選びましょう。繁忙期は避けたほうが無難です。また週末や月末などは、売り上げの目標を達成するために審査をゆるめがちですので、そのときに申し込むとすばやく手続きしてもらえる可能性が高まります。適切な時期を選んで申し込んでみてください。

・即日振込みでは使える額は少ない
即日融資では、最初の振込みになるため、融資してもらえる額は少ないと言う可能性があります。なぜなら限度額の上限は利用を繰り返すことであがっていくからです。最初は少ない額なのは仕方ありません。もしもお金が足りない場合は、複数社申し込むか、クレジットカードのキャッシングなども併用してみてください。

・急いでいても闇金で借りるのはやめよう
たとえ急いでいるからといっても、闇金融で借りるのはやめましょう。闇金は貸金業者に登録していない個人の貸し借りになり、金利も高額であり、違法です。またトラブルが絶えず、闇金とかかわることで金銭的な損害以上に精神的にも疲弊します。トラブルが起きた際も警察や弁護士はあてにならず、自力で解決することになりますので、大変デメリットが大きくリスクが高いのです。また闇金も最初から高額のお金は貸してくれず、借りれても1,2万円がいいところでしょう。それが高額の金利がついて莫大な額に膨れ上がるのです。闇金で借りていい事はありません。どんなに急いでいても闇金業者でお金を借りるのは辞めましょう。

・手数料は不要です
即日融資だからといって振り込み手数料は不要です。お金を借りたいけれど残高が0円で、という方にも安心してご利用いただけます。提携ATMでしたら手数料もいりませんので、たとえば10万円引き出したいのに手数料を取られて99790円になった、というようなことは起こりません。